上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
インドでは掛け算を図形で求めることができ、驚きだ。
例えば 21×12
誰でも計算できるだろうが、答は252。

これをインド式に図形にしてみると、数字を線に替えて
表すのだ。
下の図1のように、2は2本線、1は1本線で書く。
21は右斜め上へ、12は右斜め下へ書く。
次に交点を数えると、左端は100の位で200、真ん中
は10の位で50、右端は1の位で2だから、合わせると
答252となり、計算と一致する。

121102_1.jpg


例として 13×24は 図2のようになる。
10の位の上と下の交点数は10となり、1の位の交点数
は12だから、それぞれ上の位へ1を送って合計する。
すると答312となる。


121102_2.jpg


おー、インドはすごい!
掛け算も日本は九九で一ケタだが、二ケタができるとも聞く。
さすがは「0」ゼロを 発見した国だね。

(A.Imanishi)



スポンサーサイト
web拍手
Secret

TrackBackURL
→http://zenshinjisyo.blog104.fc2.com/tb.php/191-8b3d806a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。