上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
20140214.jpg


末期がん患者が主人公で、抗がん剤治療を受けているが
がんを治すための治療だと信じている。
一方医師は、抗がん剤治療の多くは延命治療であって、
抗がん剤が がんに効かなくなれば、そこで治療を打ち
切って、それ以後は患者が死を迎えるまでの間、患者が
満足する自分の時間を持つべきだと思っている。
まさに、患者と医師の見解に大きなギャップがある。


あくまで治療行為は医師によって、計画・開始されるわけ
だから、医師は抗がん剤が効かなくなるときを充分に予告
告知して、患者の死への準備を促すことだ。それが医師の
務めだと思う。

患者も自身のことだけに再発予防などの抗がん剤治療は
有意義かどうか、また副作用とのバランスも考え抜いて、
自身で決断を下すことだろう。


(A.Imanishi)






スポンサーサイト
web拍手
Secret

TrackBackURL
→http://zenshinjisyo.blog104.fc2.com/tb.php/209-58afa685
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。